translation missing: ja.accessibility.skip_to_text

2021年7月28日

畑の巡回記録(7/25時点)

細野友

とうとうワッサーの収穫が始まりました! 実ごとに熟度がばらつくため、色と弾力を確認し、熟したワッサーだけを収穫する"すぐりもぎ"という方法で収穫します。 ワッサーは秀と優を販売していますが、昨年の優は黒い斑点が出ているものが多く、今...

2021年7月20日

畑の巡回記録(7/18時点)

細野善寛

今週のフルーツたちの様子をお届けします。 まずは先々週色づきが確認されたワッサーです。 畑全体でピンクの実が増えてきました。もう少し熟すのを待って、今週半ばから収穫予定です。 ワッサーより少し遅れて収穫期を迎えるあかつき 昨年は雨ば...

2021年7月13日

畑の巡回記録(7/11時点)

細野友

雨が多いなぁ 梅雨明けはまだかなぁ などと言っていたら、いつの間にか桃の袋がけも終わり、畑の様子は刻々と変わってきています。 昨日行かなかった畑で今日行ったら色づいていた!ということもあり得るので、全ての畑に注意を払って管理しています...

2020年7月25日

畑の巡回

細野友

桃は収穫間近のため週に何度も見回りをしていますが、合間合間に桃以外の畑もちゃんと確認しています。今週はりんご、栗、プルーンの畑の近況についてご紹介します。

2020年7月19日

ワッサーが色づき始めました

細野善寛

中生のワッサーと"あかつき"という品種の桃は、ほぼ同じ時期に収穫を迎えます。しかしワッサーが色づき始めた頃のあかつきはというと、まだ少し緑色が残り、とてももう少しで収穫とは思えない色合いです。収穫適期の見極めは品種によって違ってきます。 桃の品質はお天気によるところが大きいのですが、どの品種も最後まで気を抜かず管理し、今年の最高の桃を皆様にお届けできるよう、努力したいと思います。

2020年7月15日

畑の浸水被害について

細野善寛

プログレスファームのある小布施町とその周辺では、千曲川の河川敷に広大な桃畑やりんご畑などがあります。川の水位が高くなると水に浸かってしまう災害に弱い畑で、今月の大雨でも浸水してしまいました。幸い被害は比較的軽くすみそうですが、今後どのように活用するか考えさせられます。

2020年7月5日

桃の枝を支える支柱

細野善寛

小雨の日にできる作業のひとつが、支柱の手入れです。枝ぶりとついている果実の量を確認しながら、支柱を入れていきます。支柱を入れることで、果実の重みで枝が折れてしまうのを防ぐほか、桃の樹を元気に保つ効果があるようです。 支柱自体も破損することがありますが、DIYで修理して大事に使います。
閉じる(ESC)

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索

メインメニュー

ショッピングカート

カート内に商品がありません
商品ページへ